合同会社の設立に必要な費用について次に説明させていただきます。

当事務所を利用して株式会社を設立される場合、2つのコースからお選びいただくことができます。

Aコース このコースは、法務局への書類の提出(登記申請)をご自身で行っていただくコースです。
Bコース このコースは、法務局への書類の提出(登記申請)は当事務所側で行うコースです。

※会社の設立をするためには、「公証役場」と「法務局」という2つの役所に行く必要があります。公証役場は当事務所の方で行きますが、法務局はお客様側の方が行かれても問題はございません。書類を提出するだけの簡単な作業です。

書類の提出をお客様が行うか、当事務所が行うかで当事務所に頂戴する費用が変わってきます。

Aコース(法務局への書類の提出はお客様が行うコース)

当事務所の手数料 24,800円
 登録免許税(国に支払う税金です。厳密には資本金の1000分の7の金額です。この額が6万円に満たない場合は6万円になります) 0,000円
合計金額 84,800円

Bコース(法務局への書類の提出は当事務所側で行うコース)

当事務所の手数料 34,800円
 登録免許税(国に支払う税金です。厳密には資本金の1000分の7の金額です。この額が6万円に満たない場合は6万円になります) 60,000円
 合計金額 94,800

お支払方法

お支払方法は「銀行振込」となります。

振込先の銀行口座の情報は、お申し込み後届く電子メールに記載されています。

以上の他に必要な費用

この他に設立する会社の印鑑が必要です。

印鑑屋さんに行くと、「会社設立3点セット」という名称でよく販売されています。

3点セットの内容は「代表印」「銀行印」「角印」です。

会社の設立に必要なのは「代表印」です。

代表印は法務局に登録します。登録作業は会社の設立申請の時、同時に行います。

印鑑は当事務所の方でもお作りできますので、必要であればお申し付けください。

株式会社の設立に必要な費用のご説明は以上となります。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

質問はこちらから